新着情報

夏の終わりと秋口の疲れに、経絡治療

夏の終わりと秋の入り口の不調に経絡治療

東戸塚のうるおい鍼灸治療院です。
今年の夏は猛暑続きでしたが、コロナ感染症対策とも相まって外出を控えたり、マスクを着用したりといつもの夏とは違う日々でしたね。秋口になり少し涼しくなってきて、やっと楽になってくるはずなのに、なぜか体調が悪い・・・そんな悩みを患者様からよく聞きます。

身体が重い。
背中がだるい。
休養しても疲れが取れない。

猛暑の期間は、渦中の暑さをなんとかしのぐために、冷たいものを適度に摂って身体を冷やすことは効果的なことでした。

しかし冷たい飲食物の摂りすぎは、胃腸が弱わる原因となってしまい、身体の不調が出ることがあります。個人差はありますが、胃腸の不調を起こすと、背中の重だるさや痛みとして現れる傾向があります。また、暑いさなかではなく、少し暑さが落ち着いてきた夏の終わりから秋にかけて、身体の不調に気づくことが多いようです。

blue and white plastic bottles

冷たい飲食物で胃腸が疲れて、背中に不調が出ていますよ

経絡治療は生命力そのものを強化していく施術方法です。治療を数回続け、徐々に身体が軽くなってくるという実感を持っていただければと思います。→ご予約はこちら

病院に行くほどの症状ではないけれど、いつもの調子が出ない。そんな時は、経絡治療で体調を整えて、気持ちの良い季節を体調万全で過ごせるお手伝いをさせてください。