新着情報

鍼の好みはいろいろ

鍼の好みはいろいろ

東戸塚のうるおい鍼灸治療院です。当院は、“痛くない鍼・熱くないお灸”「脈診流経絡治療」をベースに施術を行っております。

鍼灸を受けるのがはじめての人が持つイメージは、どんなものでしょう?私がパンフレットなどを作るときインターネットで検索した時出てきたのはこんな画像でした。かなりデフォルメされてますが、見るからに太い鍼が痛そうですね・・・

鍼のイメージ?

当院は、“痛くない鍼”をモットーにしておりますが、“痛くない”治療とはどんなことでしょう?私は、鍼を“皮膚に刺す時の「チクッ」とした痛みを患者さんにできるだけ感じさせない刺し方“だと思っています。

次にツボを鍼で捉えた際に起こる、“ひびき”といわれる「ズーン」とした痛みについてですが、“効く~”という良いイメージを持つ方と、“ちょっと苦手だなぁ”という方と二通りいらっしゃいます。実は院長の私自身、「ズーン」というひびきがあまり得意ではありません(笑)

鍼は中国が発祥のものですが、中医学(中国鍼)といわれる分野では、どちらかというと少し太めの鍼で、ひびきを重視したものが多いです。ひびきを起こすことが、正しくツボを捉えた証拠とみなしているからです。もちろん、中国鍼を行っている治療院でも、高い技術の先生は刺す時のチクッとした痛みをほとんど発生させずに治療を行っています。

上から中国鍼/日本の銀鍼・ステンレス鍼

当院をはじめ、日本に入ってきてからはじまった経絡治療の中では、ツボをとらえたひびきではなく、気の流れを整えることを重視しています。

特に当院の経絡治療の本治法では鍼を刺しても“ひびき“を求める刺し方ではなく、「刺してないの?」という質問が出るぐらいの治療を行います。また、少ない鍼数で最大の効果を生むことを目的にしているため本治法では同時に鍼を何本も打たず、1本の鍼で治療を進めます。

当院では、まず本治法を中心に治療していき、その後で部位への直接的なアプローチが有効な場合は、標治法や補助療法、お灸などによって治療を進めていきます。数本の置き鍼(数分間、鍼を刺したままにすること)も行う場合があります。しかし、ひびきが嫌だな、と思った場合はすぐにその旨を伝えていただければ、治療方法を変えていきます。(ひびきが苦手な方の思い、わかります・・・)

逆に“ひびきがある”ことが「効いてる」実感を生むということもあり、中国鍼のアプローチが好きな患者さんもいらっしゃいます。ぜひお声をお聞かせください。!

うるおい鍼灸治療院(はり・きゅう・マッサージ)

〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町551-4
ネオポリストキワ1 405


うるおい鍼灸治療院へ電話する

当日の空き状況はお電話にてご確認ください。

WEB予約はこちら

診療受付時間 9:30〜19:00

日・祝

〜16:00

最終受付時刻は19:00です。(土曜日の最終受付は16:00)

駐車場のご案内:お近くのコインパーキングをご利用ください。