四十肩、五十肩、首の痛み

いわゆる四十肩、五十肩などと言われる、
腕が痛い、腕が肩から上に持ち上げられないといった、首から肩、腕にわたる痛みの症状に対しての治療をご説明いたします。

首・肩・腕に痛みを発生させるおもな原因は、「動かす筋肉のかたより」です。
日常生活の中でひじを肩より上にあげることはありますか?
おそらくほとんどの人は、お風呂で頭を洗う時、洗濯物を干す時ぐらいしか、
腕を上げていないのではないでしょうか?

人の動作は二つ以上の関節を同時に、連動して動かすことがほとんどです。
腕や肩回りなどの筋肉を連動させて動かしていますが、その動き方に特徴があります。
肩(肩甲骨)を動かすには、腕をかなり大きく動かす必要があるということです。
肩甲骨までしっかり動かすことができれば、必然的に背中の筋肉まで動かすことができて首や肩まで良い影響がでてきます。

当院では、痛い部位への局所的なアプローチはもとより、原因となる個所はどこかを
身体全体を見て判断する全体的な治療を行います。
痛みの度合いや可動範囲によって差はありますが、治療を受けられた方からは、気が付いたら痛くなかった、と感想をいただきます。